診療科目 歯周内科治療

「歯周病が薬で治る!?」


歯周病治療といえば昔から歯磨き指導と歯石を除去したりする歯の周りのお掃除がどの歯科医院でもされている基本的な治療です。

しかし、この基本的治療をしても、一生懸命歯磨きしても、なかなか歯肉の炎症がとれず、歯肉の腫れや出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられることも事実です。

ところが、簡単に薬で治す方法が見つかったのです。


原因である菌を特定し、薬でその菌を退治することが出来るようになったのです。

この治療法は21世紀に入ってから行われている方法で最新式の治療方法「顕微鏡を使った歯周内科治療」です。





位相差顕微鏡検査


顕微鏡検査では歯周病菌やカビ菌がほとんどの方にみられます。われわれは患者さんの口の中の汚れをほんの少し採取し、それを顕微鏡で観察します。

顕微鏡で見ることで、今現在の菌の状況を確認するこができ歯周病になりやすいかどうか、今はどういう状態なのか、これからどういう状態になっていくのかがわかってきます。

 

                                             顕微鏡1.jpg


位相差顕微鏡で確認できる菌の一部です。

カンジタアルビカンス.png             スピロヘータ.png 

カンジタアルビカンス(カビ菌)      スピロヘータ(歯周病菌)

 トリコモナス.png             歯肉アメーバ.png

 口腔トリコモナス(原虫)         歯肉アメーバ(原虫)


どうやって歯周病は進行するのでしょうか

          

                                                        歯周病菌 説明.png    歯周病菌

                                                        カビ菌説明.png    カビ菌

進行1.png    進行2.png    進行3.png

 1 カビが歯ぐき   2 炎症によって    3 歯と歯茎の間に

   について根を     歯茎が腫れ、    ポケットができ

   下ろし炎症を     歯と歯茎の間    ます。歯周ポケット

   起こします。     の溝が汚れや    といいます。ここに

   症状:口臭      少なり、カビが   歯周病菌がたま

   ネバネバ感      さらに奥で炎症   り、炎症がひどく

              を起こします。   なり、骨が溶けて

              症状:歯茎の赤み   行きます。

               時々出血する    症状:歯茎の炎症

                            時々腫れる

                            赤みの悪化

進行4.png      進行5.png         進行6.png
4 歯周ポケットは  
5 骨はさらに溶け    6 最後には歯の周

  よりたくさんの    歯周ポケットは     りに骨がなくなっ

  菌がたまって     さらに深くなり、    てしまい、歯がグ

  いきます。      さらに多くの菌が    ラグラになり、抜

  症状:歯茎を     たまっていきま     かないといけなく

  押すと膿が      す。          なります。

  出る         症状:口臭が      症状:歯が痛くて

              さらに悪化         噛めない

              噛むと痛い         歯が揺れて

              膿が出る          噛めない

             歯茎がよく腫れる      歯茎がいつも
         
                            腫れている




感染経路

生れたときには人のお口の中には歯周病菌は存在しません。しかし、もともといない歯周病菌がなぜ今お口の中にいるかというと、人からうつされているのです。いまも、家族の間でうつしあっている状態にあるかもしれません。





全身疾患との関係

菌が全身疾患に大きく関与しているのが医科でも問題になってきています。カビが肺に入れば肺炎になってしまいます。歯周病菌も、わずかでもお口の中で出血を起こすとそこから血管に菌が入ってしまい、心臓で炎症を起こすのです。歯周病の人が心臓病になる確率は2倍から3倍にあがります。ほかにも食道癌、糖尿病、早産、高血圧などにも関与しています。

全身疾患★.jpg




歯周内科治療の方法

この治療方法には4つの大きなポイントがあります。

1  位相差顕微鏡での菌の確認

2  細菌の除去薬剤の内服

3  カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き

4  除菌後の歯石とり



1週間後の自覚症状の変化


(患者さん1000人アンケート)

自覚症状の強い方ほど1週間後の変化を大きく実感します。

                     変化.png

たった一週間で他にも...

噛んだときの痛み改善79%

歯ぐきの腫れ改善77%

歯のグラグラ改善66%

歯のしみる感じ改善65%

などなど...

このような症状の改善が期待できます。

    初診時 画像.png    

         初診時・治療開始日                         

   歯茎の痛み、出血、腫れが見られます。                    

   「最近痛くて歯が磨けないです。」 


   開始3週間後.png

         治療開始1週間後
  腫れも引いてきており、出血もしな
くなりました。

  歯石が見えてきています。(矢印)

  「3日目から出血しなくなりました。」

   治療開始3週間後.png

          治療開始3週間後

    腫れもなくなり、歯茎の色もきれい

    なピンク色になりました。

    「すごく気持ちいいです。」

国際歯周内科学研究会 認定医 認定歯科衛生士 取得
image.jpg
image (2).jpg

歯周病が気になる方、改善したい方はぜひ相模原市飯豊歯科クリニックへお越しください。

PageTOP

飯豊歯科 歯科医師求人サイト
飯豊歯科 歯科衛生士求人サイト

院内ツアー

当院の中をちょっとのぞいてみませんか?待合室から診察室までご案内いたします。

滅菌・感染予防対策

患者様ごとに消毒・滅菌した器具をご用意しております。

症例集・患者様の声

当院で治療した症例集、患者さまの感想です。

自費治療料金表

保険外治療の料金表です。

歯の知識

患者様にぜひ知ってほしい歯科治療に関する情報をお伝えしています。きっとお役に立てるかと思いますので、ぜひお読みください。